RAB投稿スクープ
  • 会社概要
  • コンプライアンス憲章
  • 利用規約
  • 個人情報の取り扱いについて
  • 青森放送国民保護業務計画
  • 放送番組の種別
  • 番組基準
  • 番組審議会
  • リンク
  • ご意見・ご感想

番組審議会とは

放送法に基づき、放送番組の適正を図るために外部有識者の声を聴く場として設置しています。
主な役割は、

・放送番組の適正を図るため必要な事項を審議する、
・放送局に対して意見を述べる

ことなどとなっており、番組審議会が取りまとめた「答申」や「意見」は放送局がこれを尊重して必要な措置を講じます。
また具体的な番組の視聴・聴取も行われ、放送局はその議論や意見交換を次の番組作りに役立てています。

審議委員名

委員長    磯 山 隆 幸(写真家)
坂 本   徹(北里大学 獣医学部 教職課程 教授)
八木橋 俊 夫(陸奥新報社 常務取締役 営業局長)
川 嶋 大 史(つがる市観光物産協会 会長)
平 間 恵 美(NPO法人はちのへ未来ネット 代表理事)
平 野 陽 児(東奥日報社 デジタル局長)
上 村 鮎 子(十和田乗馬倶楽部 代表取締役)
粒 来 和 成(デーリー東北新聞社 編集局次長 編成本部長)


5月番審1.jpg



5月番審3.jpg



5月番審4.jpg
第652回番組審議会

青森放送では5月10日に第652回番組審議会を開催し、

テレビ番組

『 青森県人会への道 ~極上!青森おもてなしグルメ~ 』 

( 3月31日(日)14:05 ~ 15:00 放送 )を審議しました。
 


【番組内容】

出身地が同じ芸能人が集まり、郷土料理や地酒を楽しみながらふるさとの話に花を咲かせる「県人会」。

青森県出身の芸能人を集めて「青森県人会」を開きたいと夢見るタレントがいます。バラエティ番組などで
活躍しているタレント・王林と、独特な雰囲気のコントで笑いを生み出すお笑いコンビ・ラバーガール(ボケ担当の大水洋介さんは平内町出身)。3人は東京都内で話し合います。

県人会をやるなら、青森の美味しい食べ物を振る舞いたい。そこで、ラバーガールは青森の「極上食材」を、王林は「極上料理」を探すことに。

まず訪れたのは「津軽あかつきの会」。津軽の郷土料理を後世に伝えようと料理を提供している団体です。
懐かしさを感じるかっちゃ達の味を堪能した王林は作り方を教わることに。

一方のラバーガールは「魚介・野菜・肉」全ての食材を手に入れようと県内各地へ。十三湖では極寒の湖で
漁を体験。重労働に耐えながら、冬だからこそおいしくなる秘密を知ります。そして、真冬に育つ野菜を求め中泊町へ。野菜を収穫しようとするラバーガールに、農家さんから厳しい指令が・・・。さらに極上の豚肉を求めて訪れた鯵ヶ沢町では、おいしい豚肉に育つようにラバーガールが豚舎で奮闘します。

最後にラバーガールが集めた3つの食材を弘前市の一流シェフが素敵に調理して王林が堪能。
青森の食材の魅力を再発見するとともに、生産者さんや料理人の愛情を知る。









審議委員からの感想・意見

  • 「県人会」という言葉にそそられた。「津軽あかつきの会」の人たちと王林さんの会話やテロップで方言の良さも伝わった。みかしー(三上枝織さん)のナレーションも地元感があって若い世代にも受け入れられると思う。有名人の顔のイラストも面白かった。
  • 王林さんのキャラクターが番組をほんわかと面白くした。通常のグルメ番組と違い、青森県出身タレントの誰が出演しても成立しそうで興味深い。続編や今後が楽しみになる番組構成だった。
  • 王林さんとラバーガールの絡みがとても楽しかった。ラバーガールに詳細を知らせずにロケを進めるドッキリ風の演出が面白味を引き出している。制作側の意図・狙いが功を奏した。続編を制作すれば話題になりそうだ。
  • 大変楽しく魅力満載の番組。それぞれの場面がコンパクトにまとまっていて、どれも見劣りせず、見応えのある映像が入っているのは「すごい」と思った。あえて挙げるとすれば、「県人会」を開きたい王林さんの思いや熱量をもっと入れてほしかった。続編も期待したい。
  • バラエティーでありながら、青森県の風土を感じさせた。掛け合いも面白く、王林さんが生き生きと体験・体感しているのが良かった。ラバーガールの落ち着いた感じや、登場する青森人もとても良かった。肩肘張らずに青森県を知る番組も「なかなか良い」と思った。津軽中心だったので、次回は南部やほかの地域も取り上げてほしい。
  • 青森県を再認識・再発見するうえで、この番組は「あり」だと思った。王林さん・ラバーガール・三上枝織さんの役割がしっかりしていて良かった。「県人会」のくくりがすごく楽しくて続編が見たい。
  • 青森県を発信できるので全国に向けても放送してほしい。楽しく視聴しながら県産食材への理解も深まった。王林さんの存在で番組が華やいだ。お笑い芸人のラバーガールが逆にいじられる展開が非常に面白かった。食文化の豊かさや力強さも伝わったので、できれば、お膳料理の説明がほしかった。
  • 番組タイトルがユニーク。それぞれの場面に引力があり飽きなかった。映像に抜群の魅力があり編集も巧み。臨場感もあった。このままでは終わらないだろうという続編を予感させる構成・演出が心憎い。「郷土料理・伝承料理」を王林さんと一緒に掘り下げていけば、さらに深みや厚みが出て番組をつなげていけるのではないか。下北や南部も取り上げた続編を見たい。
次回の番組審議会は6月上旬を予定しています。

過去の番組審議会